季節ごとにイベントが開催される浅草寺

旅をしたように日本の暮らしを体感できる商業施設が、まるごとにっぽんです。

浅草の六区地区にある複合ビルで、1~4階の各フロアで、四つのコンセプトを掲げて展開しています。1階の食品フロアでは、地方でしか手に入らなかった逸品を販売し、4階のレストランフロアでは地方の旬の味覚や下町の風景を堪能できる、スペースになっています。浅草を代表する年末の風物詩的なイベントが、浅草寺の羽子板市です。

寺の境内には様々なデザインの販売する露店が約30軒並び、羽子板を購入すると縁起の良い三本締めをしてくれるのが特色です。その年に活躍した有名人を描いた羽子板もあり、たくさんの人でにぎわいます。毎年2月3日に行われているイベントが、節分会で浅草にゆかりがある有名人の手による豆まきが行われています。昼には有名人の年男、年女による豆まきが行われ毎年多くの人でにぎわうイベントです。

夕方に浅草ゆかりの有名人による、豆まきが行われます。このお寺では季節ごとにイベントを開催していて、仲見世通りとともに古くからの観光エリアとなっています。いつも観光客でにぎわっていますので、仲見世通り沿いに並んでいるお菓子や工芸品を売っているお店で、買い物を楽しんでみてください。寺の境内には見どころが多いので、じっくりと見て回り正しい参拝方法でよい運気を確実に呼び込みましょう。周辺には日本最古の遊園地や演芸ホールなどがあり、昔ながらのエンターテイメントを楽しむことができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *