のんびり歩いて楽しめる浅草とスカイツリー

浅草とスカイツリーは同じ東京の下町にありますが、江戸情緒や伝統が感じられる浅草に対して、スカイツリーは最先端の技術の粋を集め近未来的な雰囲気を持っていてまったく違う表情を見せてくれます。

そんな二つの名所の距離は約1、5kmと近く、歩いても20分程度なので、ちょっとした下町散歩をしながら両方ともを一緒に楽しむことができます。歩く場合の移動のコースはいくつかありますが、代表的なコースとしては、まず浅草寺を参拝し、仲見世や周辺でおいしいものを食べたり、掘り出し物を見つけたりします。時間があれば、ノスタルジックな遊園地で遊んだり、寄席を見に行くという手もあります。

浅草駅のすぐ近くにある台東区と墨田区を結ぶ吾妻橋は、スカイツリーのビュースポットのひとつとして有名なところです。ビール会社の金色の独特のフォルムのオブジェと一緒に写真に収めることができます。橋を渡り大きな交差点に出るまで直進し、そこで左に曲がります。そのまま道なりに進むとだんだんスカイツリーが大きくなってきて、すぐ左側に見えるようになります。

道沿いには有名なきんつばのお店や評判の塩パン屋さんなどがあったり、個性的なお店が多いので楽しみながら歩けます。スカイツリータウンには、関東を一望できる展望台のほかに、水族館やプラネタリウムなどがあります。また、バラエティに富んだショップやグルメの集まった大規模なショッピングモールもあるので、思い思いに過ごすことができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *