山形県には魅力ある観光名所が多いことで人気

東北地方の中でも、山形県は見て食べて楽しめる観光名所が多いことで人気です。

山間部が多い地形が特徴ですから、寒暖差が激しい気候になります。夏場の暑さは大変ですが、寒暖差のある気温のおかげで名産のサクランボや西洋梨の品質が極めて高くなります。果物王国の山形では、夏から秋にかけて多くの地域で果物狩りが楽しめます。

秋の時期には紅葉を楽しみながら、農園でフルーツの収穫体験をすることも人気です。山形県には日本一が数多くあるため、必見の価値を持つ名所にも恵まれています。山形県にはある即身仏の数も日本一です。観光名所として古くから知られる羽黒山にある石段の数は2446段で、これも日本一となっています。山形市内には日本最古とされる石鳥居が2つもあり、名所として期待されています。山形の冬の観光地として特に人気となるのが、豪雪地帯となる蔵王です。

スキー場が多い蔵王は、樹氷が見られる場所としても有名です。日本海側と太平洋側の気候を分ける地域ですが、自然が作り出す造形美が楽しめる場所として貴重です。蔵王の近くには温泉地も多いため、スキーの疲れを癒やすこともできます。山形県の置賜地域については、雄大な吾妻連峰と飯豊連峰に囲まれた観光地として有名です。置賜地区にも昔ながらの田園風景があり、名所としてふさわしい景観が整っています。置賜地区を代表する米沢市は、上杉氏の城下町としての歴史を有する都市であり、東北で屈指の人気を誇る観光名所となっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *