浅草の旅行関連ではずせないきびだんご

東京でも有数の観光スポットである浅草、旅行関連の雑誌にも必ず出てきますしテレビの旅行関連番組で芸能人たちも多く立ち寄っています。

その中で必ずといってよいほど出てくるのが浅草のシンボルでもある雷門、そしてその後は食べ歩きするシーンへと続くのではないでしょうか。彼らが歩くのが浅草寺の本堂へと続く仲店通りです。この通りにはさまざまなお店があり、ちょこっと食べるのにピッタリのお店が複数揃っているのです。旅行関連でやはりはずせないのが「食」です。

ぜひ雷門だけで済ませず、仲店通りにも足を運んでみてください。こちらで有名なお店に「あずま」があります。そこで売られているのがきびだんごです。きびだんごと言えば桃太郎、と言えば岡山県ということでこちらでもお土産の定番となっていますが、あずまだと出来たてのきびだんごをすぐに食べられるという嬉しさがあります。ちなみに「黍」と付いているものの実際にはきなこがまぶしたお団子です。こちらのものは江戸時代に食べられていたものをそのまま再現したもの、本当に黍がまぶしたお団子はそれよりももっともっと昔にしかなかったということのようです。

小さめのお団子を串に刺したものが5本入りで300円、甘すぎず上品なお味で食べやすく旅館での豪華な夕食をジャマするようなことは無いでしょう。食べ歩きと言っても実際に歩きながら食べることは出来ないのでお店の片隅や道の端など邪魔にならないところで頂いてください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *