旅行関連でおすすめの浅草のきびだんご

きびだんごと言うと、旅行関連に詳しい方でなくとも岡山が思い出されるのではないでしょうか。

桃太郎で有名な地だけに、そこの定番のお土産となっているのです。ですが、実は東京でも有数の観光スポットである浅草でもきびだんごは有名です。こちらは出来立てを食べられるという嬉しい特典付きなので、ぜひ試してみて下さい。旅行関連の雑誌で見ると、浅草というとやはり雷門が有名です。そしてそこから浅草寺の本堂へと続く道を仲店通りと言います。そこにはさまざまな飲食店や土産物屋が立ち並んでいるのです。きびだんごのお店「あづま」はそこにあります。

この通り沿いのお店の中には食べ歩き出来る所が何店舗かあるのですが、その一つです。きびだんごは「黍」をまぶした団子、というのは大昔のことで江戸時代にはすでに黍は使われていなかったと言います。こちらも同じく黍ではなく黄な粉がたっぷりついたお団子となっており5本入り300円、小さなお団子と甘すぎない黄な粉の上品なお味で十分楽しめそうです。

江戸時代の人も同じようにお団子とかを食べ歩きしながら参拝していたのでは、歴史を感じながら歩いていると感慨深いものがあるでしょう。旅行関連でやっぱり重要な位置を占めるのが食べること、浅草に行った際にはぜひ立ち寄っていただきたいお店です。ただし、実は仲店通り自体は食べ歩き禁止、お店のスペースや人通りが少ない道で立ちどまっていただくことをおすすめします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *