浅草名物きびだんごの旅行関連

東京観光の旅行関連をしたいという人に大変人気があり、世界的にも注目されている観光スポットの浅草は、雷門から浅草寺の本堂に続く仲見世通りが有名です。

小さな飲食店やお土産屋さん、老舗の飲食店などが立ち並んでおり、土日や連休になると観光客でいっぱいになる大人気のエリアです。仲見世通りには、食べ歩きを楽しむことができるお店がたくさんあり、その中でも外せないのがきびだんごです。

浅草のきびだんごは、江戸時代に食べられていたものを再現しており、その場で作っているので出来たてを食べることができます。甘すぎないふわふわのきな粉がたっぷりとかかっておりとても上品で優しい味わいです。5本入りで300円からと大変リーズナブルで美味しいので、大変人気があります。ほんのりあたたかくて、ほのかな甘みともちもちの食感で人気があり、前日食べた人が翌日にもまた来ることも多いようです。

きびだんごはその場で食べるだけでなく、お土産のテイクアウトもあるので、旅行関連で訪れている人はお土産に持ち帰ることもおすすめです。10本入って500円ほどでお湯であたためて食べることができるタイプになっています。浅草には、冷やし抹茶や甘酒、雷おこしに人形焼と名物がたくさんあるので、観光はもちろん出張や研修などのビジネス旅行関連で訪れた人も、名物を味わう楽しみがあります。仲見世通りにある名物は、ここでしか食べることができない物ばかりなので東京に来るなら浅草のホテルを利用して、名物を堪能することをおすすめします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *